秩父長瀞の食事処「見晴」のアロワナミニ水族館
アジアアロワナ 淡水エイ ナマズ らんちゅう等いっぱいです

アロワナミニ水族館/メイン水槽システム アロワナミニ水族館/エサについて アロワナミニ水族館/メンテナンス アロワナミニ水族館/アロワナの混泳
アロワナミニ水族館/アジアアロワナ産卵 アロワナミニ水族館/その他の熱帯魚 アロワナミニ水族館/アロワナ写真館 アロワナミニ水族館/エンドリ写真館
アロワナミニ水族館/魅惑の淡水エイ アロワナミニ水族館/素人の考察 アロワナミニ水族館/リンク アロワナミニ水族館/らんちゅうの部屋 アロワナミニ水族館トップ

その他の熱帯魚

現在飼育しているアジアアロワナ以外の熱帯魚をご紹介します。

ゼブラキャット
ゼブラキャット
南米産のナマズ
名前のとおり白と黒のゼブラ模様の綺麗なナマズです。5cmほどのまだ模様のない輸入直後の個体を購入して約2年(H14年12月)ニジマス、川エビ、牛ハツ、キャットフードなど何でも食べて約60cm程に成長しました。成長に伴い白黒模様が徐々に斜めに傾いてくる特徴があるようです。幼魚から飼育するとその模様の変化も楽しめます。
ポルカドット
淡水エイ
アマゾン水系に生息する淡水のエイ
写真の個体はポルカドットスティングレー。20cm程の個体を購入して約60cm(H15年12月)に成長しました。この個体はオスで、以前同居していた60cm位のマンチャを追いかけ回して死なせてしまった前科の持ち主。他に50cm位のポルカを飼育中です。こちらのポルカも同居していたピンタードをいじめて殺してしまいました。

飼育個体の紹介は「魅惑の淡水エイ」へ
ダトニオ
ダトニオイデス・ミクロレピス
タイ、カンボジア等に生息し。黄色と黒の模様からシャムタイガーとも呼ばれます。
写真の個体は近所の熱帯魚仲間にいただいたもので約55cmありましたがH17年1月死亡。現在はプラスワンのみ飼育中。この個体はバンドがはっきりして綺麗でした。本来は魚食性が強いのですが切り身や川エビ、人工飼料など良く食べてくれます。
アルビノシルバーアロワナ
アルビノシルバーアロワナ
南米に生息するシルバーアロワナのアルビノ個体、撮影時約60cm。5cm位の時に購入し約2年でこの大きさになりました。混泳魚は淡水エイのみなのでヒレなどもきれいに育っていますが、眼だけは少したれ気味です。
プラチナブラックアロワナ
プラチナブラックアロワナ
ブラックアロワナのプラチナ個体です。ブラックは過去にアロワナを飼い始めたころに一度しか飼育経験がなく、プラチナを飼うのは少し怖かったのですが、思い切って購入しました。5cmサイズから約2年で撮影時約40cm。
エンドリ
ポリプテルス
中生代の頃からその存在が認められている古代魚の仲間。背中に並んだ多数の背びれは恐竜を連想させまさに古代魚。エラ呼吸の他に呼吸器官として機能する肺状のウキブクロを持ち直接空気をすって呼吸もしますエンドリケリーの他にはオルナティーも飼育しています。エンドリケリーは40cm〜50cmと特別大きくはありませんがかなりの太さです。

飼育個体の紹介は「エンドリ写真館」へ
プラチナエンドリけりー
こちらはエンドリケリーのプラチナ個体です。エンドリケリーのプラチナ個体はノーマル体色のように大きくなるタイプとあまり成長しないタイプがあるようですが、こちらは大きくなるタイプです。
スポッテッドガー
スポッテッド
ガーパイク
ガーパイクは、ジュラ紀から白亜紀に全盛を極めた原始的な魚類の遺存種で古代魚と呼ばれる仲間で中米から北米にかけて生息しています。現在アリゲーターガー、トロピカルジャイアント、マンファリなどを飼育しています。アリゲーターは約1mあります。
トロピカルジャイアントガー マンファリ
トロピカルジャイアント マンファリ
オキシドラス
オキシドラス
南米産のナマズ。普通ナマズの仲間は魚食性が強く、気の荒い種類が多い中でこの『ドラス』類は雑食傾向が強く性格も比較的おとなしいものが多いようです。写真のオキシドラスもアロワナや淡水エイなどと混泳させていますが他魚を攻撃するようなことは一切ありません。ただ同居しているエイの分までエサを片っ端から食べてしまい現在体長1m。
ボドワード
ボドワード
オキシシドラスと同様南米産の『ドラス』。性格はおとなしいのですが食いしん坊で、何でも食べてしまいます。撮影時約50cm。運動不足もあってか少々太りすぎです。
プラチナレッドテールキャット
プラチナレッドテールキャット
レッドテールキャットのプラチナ個体。ノーマル体色の個体と同様よく人慣れして、何でもよく食べてくれます。大きくなったときにあまり暴れん坊にならなければいいのですが・・・。
アルビノオスカー
アルビノオスカー
よくショップで見かける小さいサイズを知り合いに買ってきてあげたら、大きくなってしまったのでうちで飼うことに。シクリッドなので何でもよく食べます。
インペリアルゼブラプレコ
シングー河に生息する7〜8cmの小型プレコ。白黒のきれいな模様がお気に入りです。普段はシェルターなどに隠れていて、なかなか姿を確認できないのが残念ですが。できれば繁殖まで行きたいと思います。
スッポンモドキ
スッポンモドキ
オーストラリア、ニューギニアに住むカメ。普通のカメとは違い陸には上がらずにずっと水の中で魚と一緒にスイスイ泳ぎ、ナマズとエサの取り合いをしています。他の魚のヒレをかじったりすることも無くおとなしくしています。ブタそっくりの鼻がとってもユニーク。

メイン水槽システム 線 エサについて 線 メンテナンス 線 アジアアロワナの混泳 線 アロワナ成長記録
アジアアロワナ産卵 線 その他の熱帯魚 線 アロワナ写真館 線 エンドリ写真館 線 魅惑の淡水エイ
素人の考察 線 リンク 線 らんちゅうの部屋 線 あゆ料理・そば・長瀞見晴 線 秩父長瀞物産館 線 ホーム
ながとろ 見晴 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞452
Tel 0494(66)0028  Fax 0494(66)3040