アジアアロワナ 龍仙人さんの素材だよ〜秩父長瀞の食事処「見晴」のアロワナミニ水族館
アジアアロワナ 淡水エイ ナマズ らんちゅう等いっぱいアジアアロワナ 龍仙人さんの素材だよ〜

アロワナミニ水族館/メイン水槽システム アロワナミニ水族館/エサについて アロワナミニ水族館/メンテナンス アロワナミニ水族館/アロワナの混泳
アロワナミニ水族館/アジアアロワナ産卵 アロワナミニ水族館/その他の熱帯魚 アロワナミニ水族館/アロワナ写真館 アロワナミニ水族館/エンドリ写真館
アロワナミニ水族館/魅惑の淡水エイ アロワナミニ水族館/素人の考察 アロワナミニ水族館/リンク アロワナミニ水族館/らんちゅうの部屋 アロワナミニ水族館トップ

アジアアロワナの混泳

アジアアロワナは気性が激しく、同種間で激しくケンカをして時には相手を殺してしまうこともあるため、以前は単独で、あるいは他の種類と混泳して飼育するものとされていましたが。最近では大型水槽でアジアアロワナ同士の混泳を楽しんでいる愛好家の方も多いようです。私も3mと1.8mの2本の水槽を使ってアジアアロワナの混泳飼育をしています。
 このページでは単独飼育から混泳飼育への移行方法、混泳飼育のメリットやデメリット等についてアジアアロワナ専門誌に書かれていることと重複しますが、実際に混泳飼育をしてみて感じたことを書いてみたいと思います。これから混泳飼育を始めようと思っている方に、多少でも参考になれば幸いです。

アジアアロワナの混泳アジアアロワナは混泳飼育すると1匹で飼っているのとはまた違った迫力のある泳ぎや行動を見せてくれます。当然けんかや怪我は日常的に起こりますが、
●魚のサイズをある程度揃える。
●魚の数を多めにしてテリトリー意識をなくさせる。
 等ある程度のポイントさえおさえれば魚を殺してしまうようなことはまずありません。むしろエサ食いの点などでは単独飼育よりも飼いやすい面も出てきます。また、状態良く飼っていれば水槽内での繁殖の可能性も出てきます。現在、3m水槽で赤系アジアアロワナ中心に12匹、1.8m水槽で過背金龍中心に6匹の混泳をしています。今のところこの数でバランスがとれているようであまりひどいけんかはおこりませんし、3m水槽では孵化までは至りませんでしたが3回の産卵経験があります。混泳飼育は、アロワナの数も多数必要ですし、各個体の個性等により必ずうまくいくとは限りませんが、成功したときにはアロワナ飼育のまた別の世界が広がるすばらしい飼育方法ではないでしょうか。
単独飼育から混泳飼育への移行
実際に行った単独飼育から混泳飼育への移行方法についてご紹介します。この方法が絶対的なものではありませんが、たまたまうまくいきました。
STEP 11.8m水槽で混泳開始
それまで単独で飼育していた6匹のアジアアロワナをいっせいに1.8m水槽に移し、セパレーターを使って魚があまりけんかをしなくなるまで(約半分)水槽を狭くする。
STEP 2
魚の様子を見ながらけんかをしない範囲でセパレーターを移動して水槽を広げてゆく。けんかが激しくなるようなら少し狭くして様子を見る。
STEP 3
最終的にはセパレーターを取り去り1.8m水槽を目いっぱい使って飼育する。
STEP 4
魚が成長して1.8m水槽では狭くなった頃、3m水槽に全てのアロワナを移動した。
STEP 5
以後買い足した幼魚が大きくなるたびに1匹ずつ追加した。
上記のSTEP 1〜STEP 3を繰り返して、現在の1.8m混泳水槽をつくりました。
以上のように書くと簡単なようですが最初はかなり神経を使いました。でも飼育者が混泳飼育に慣れるのと同じように、アジアアロワナも「混泳慣れ」とでも言うべきことがあるようで時間がたつにつれて意味のないけんか? が少なくなるような気がします。そうなるまでをいかに上手に乗り切るかがポイントだと思います。ひとつの目安として全ての個体が単独飼育のときよりもエサ食いが良くなる様であればいい方向に進んでいると考えられます。またある程度のスペースはやはり必要なようで3m×1mの水槽は後から1匹だけを追加してもほとんど問題は起こりません。
混泳時にチェックしているポイント
アロワナひれの怪我
混泳をしていると右の写真のようにヒレに傷がつくことはめずらしくありません。むしろ、ヒレはすぐに裂けるので傷のない魚のほうが少ないくらいです。それよりも、大きなけんかをしたときに起こる鱗の剥離や、魚自体の調子がよくエサをきちんと食べているかをよく観察するようにしています。アロワナは気性が荒いわりにはデリケートな面があって、水槽の中で極端に弱い立場になるとエサ食いや泳ぎにすぐに現れるので、そのときにすばやく対処してあげるようにしています。
混泳のメリット・デメリット
メリット デメリット
●単独飼育に比べて競争心が働きエサ食いが格段によくなる。
●エサの選り好みがすくなくなり、生餌以外でも食べるようになるため栄養のバランスがとりやすくなり、魚肉や牛ハツなどのアロワナにボリュームがつくエサを与えやすくなる。
●人口飼料や冷凍エサを与えられるので、生餌より餌代が安く済む。
●神経質な個体(特に過背金龍)でも混泳することで神経質な面がなくなり、飼いやすくなる。
●アロワナ同士けん制しているので常に横方向に意識が行っているせいか目が下向きになる目タレ(アロワナに良く起こる症状)になりにくい。
●まだ成功例は少ないが、水槽内繁殖の可能性がある。
●単独飼育で起こりがちな拒食状態(エサを食べない状態が何週間も何ヶ月も続く)にはまずならない。
●単独飼育のように無傷の状態で飼うのはまず不可能、ヒレが裂けたり治ったりの繰り返しになる。
●発情したり、ペアを形成したりとその時々で水槽内の力のバランスが変化するので、急にいじめられる個体が出来る場合がある。
●テリトリー意識を弱くするために過密飼育することになるため単独飼育に比べはるかに水が汚れやすくなり、こまめなメンテナンスが必要になる。

メイン水槽システム 線 エサについて 線 メンテナンス 線 アジアアロワナの混泳 線 アロワナ成長記録
アジアアロワナ産卵 線 その他の熱帯魚 線 アロワナ写真館 線 エンドリ写真館 線 魅惑の淡水エイ
素人の考察 線 リンク 線 らんちゅうの部屋 線 あゆ料理・そば・長瀞見晴 線 秩父長瀞物産館 線 ホーム
ながとろ 見晴 〒369-1305 埼玉県秩父郡長瀞町長瀞452
Tel 0494(66)0028  Fax 0494(66)3040